とにかく体重管理は気を付けるよう言われました

愛する人との子供って本当に嬉しいですよね。

妊娠が発覚したときは即旦那に伝えましたただこのあとに待ち構えていた悪阻が非常につらかったことを覚えています…。私は朝起きたらもう気持ちが悪く、トイレで胃液を吐き、少し朝ご飯を食べるとまた気持ち悪くなりました。
昼間は気持ち悪さでずっとベッドの上。

夕方は旦那の晩御飯を、途中で吐いては調理し、なんとか作り上げていました。
ただ、さすがにピーク時にはそれもできませんでしたが…。ですがずっと続くものではないので、赤ちゃんの為にも頑張ってやり過ごしましょう。

妊娠をすること、それは改めて奇跡に近いんだなと思いました。
私には2人の子供がいるのですがどちらも望んですぐ授かることができたし、自然妊娠でした。

もちろん、これは当たり前ではないと思っています。

妊娠から出産までの経緯は、もちろん人により異なりますが、私もつわりになり、また体質的なものだと言われていましたが、お腹の赤ちゃんがとても小さく、自宅安静を余儀なくされ、不安な日々を送っていました。

妊娠さえすればOKではなく、ちゃんと出産する日まで、気は抜けないなと思っています。妊娠中に運動するなら、マタニティスイミングがお勧めです。特に妊娠後期はお腹が大きくなり歩くのもしんどくなってくるので、足腰に負荷のかからない水中での運動はとても気持ちがいいのです。

もちろん、かかりつけのお医者様に相談して下さいね。浮力で身体が軽くなり動きが楽です。マタママばかりなら、お互いに気持ちの共有もできますし、出産後には次はベビーのスイミングクラスでまたお付き合いが広がるでしょう。
妊娠が発覚してからつわりかかなりひどかったのと、重労働な仕事だったため退職しました。

仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、本人が体力的につらくなければ働き続けてもいいと思います。

妊娠中は葉酸が取れるサプリメントを摂るよう指示されたためちゃんと飲んでいました。さらに血が薄かったので、病院で出された鉄剤だけでなく鉄分の多い食材を摂るように心がけていました。妊婦生活で一番大切なことはストレスなく穏やかに過ごすことです。

しかしつわりが酷く気分が暗くなったり、体が思うようにいかないので怒りっぽくなりがちです。

そんな嫌な気持ちをあげるために、好きなものを食べに行ったり、ショッピングで赤ちゃんグッツを見たり、お天気の日は外出して軽い運動したり負担に体がならない程度に外に出かけてリフレッシュすることがいいです。私は40歳近くの割と高齢での出産だったので、病院の先生方や友人のママさんから、いろんなことを教えていただきました。少し体重が基準より重くなっていたので、とにかく体重管理は気を付けるよう言われました。

しかしながら、お腹がすくと気分が悪くなる、いわゆる「食べづわり」だったので、一日中何かしら口にしている状態でした。体重はあっという間に20キロ近く増え、足はむくみっぱなしになり、妊娠中毒で入院一歩手前までの劣等生妊婦でした。

でも、産気づいてからは1時間足らずで産まれたので、結果としては優秀だったのではないかと思っています。
妊娠中はお肌が過敏になっています。
ウォーキングやお散歩など適度な運動は必要なことですが、日焼けをしないために対策をしっかりしましょう。
妊娠前に使用していた日焼け止めが合わなくなって、肌荒れを起こすことがあります。そんな時は赤ちゃんにも使える日焼け止めをぜひ試してください。帽子やアームカバーのほか、好みの日焼け対策グッズを探して外に出てみましょう。

妊娠後期はどんどんお腹が大きくなってきて、ちょっとしたことですぐお腹が張ることも多くなるかと思います。

30分間に1.2回と少なく、痛みもない不規則な張りの場合は生理的な張りがほとんどです。
けれども、数分おきに規則的に張ってくる時には注意をしなければいけません。

お腹に痛みを感じない場合でも、何時間も繰り返し張りが続いていると陣痛に繋がる危険な張りかもしれません。妊娠後期とはいえ、赤ちゃんはまだ外で生きるには未熟な時期なので、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院へ連絡、行くようにしましょう。妊娠、それはやはり奇跡的なことなのだと感じました。

今二人の子供がいます。
幸い二人とも妊娠を望んだらすぐ授かることができ、自然妊娠でした。これは、決して当たり前ではないと思っています。

妊娠~出産までの経緯は人それぞれですが、私もつわりに苦しめられ、また生まれ持っての体質だと言われていましたが、お腹の赤ちゃんがとても小さく、自宅安静を余儀なくされ、不安な日々を送っていました。

妊娠したらそれでよい、ではなく、何事も無く出産する日まで気は抜けないなと思っています。
妊娠中の体重管理は中々難しい物です。食欲が無くなる悪阻の方も入れば、食欲が普段より多くなるタイプの悪祖の方もいます。びっくりするスピードで体重が増えていってしまった時、お家で簡単に出来る対策があります。

第一に、お風呂で体を少しずつ温めながら足の指からの関節を手当たりしだい、右に10回、左に10回と回してください。

こうするとリンパの流れが滞っていた状態から開放され、体重の増加が抑えられます。無性に甘いものが食べたくなってしまった時には自作の寒天ゼリーやおからを入れたスイーツをお勧めします。
https://xn--h9j8c2b6l0e5bx544amo2b7m6d.xyz/